新人看護師は再就職が難しい

看護師不足というのは、
全体的に見てとても深刻な状態です。

 

求人広告を見ると、かなり良い条件の求人が数多くみられますし、
仮に転職をしようと思ったときには、
看護師は比較的転職しやすい職業とも言われています。

 

 

が、新人看護師の場合いは事情が変わってきます。
新人看護師というのは、
まさに経験を積む第一歩に立っているという状態です。

 

看護師という職業は経験というものがとても重要で、
経験から得られる知識や技術というのは、
多少離職期間があっても決して失われるものではありません。

 

 

現に休職中の看護師が、
復職支援研修を経て再就職をする。

 

という人は多く、
再就職後はごくスムーズに仕事をこなしているという人も多くいますよね。

 

ですが、これはあくまでも看護師としての就業経験があり、
知識や技術があるからなんです。
多少忘れていても、取り戻すことが可能です。

 

 

 

新人看護師の場合には、
この経験がない状態での転職です。

転職先ではなぜ新人研修を終えない状態で転職をするのか。
仮に採用をしたとしても、また簡単にやめるのではないか?
という疑問や疑念を持つことになります。

 

 

正当な理由があり離職をしたという人であれば、
また新人研修を再開し、
経験を積んでもあることが出来ると考えると思います。

 

ですが、そうではない場合、
やはり再就職は難しいケースもあるようですよ。