新人看護師が転職先でまず覚える事

新人看護師の中には、
新人研修中にどうしても職場に馴染めず、
体力的にも精神的にもつらいという場合いは、転職を検討する。

 

ということもありますよね。

 

もともと1年目の看護師は、
非常に大変で辛いと感じる人が多くいます。

 

ですが、ここを乗り越えなければ、
この先看護師として働き続けることが出来ないとも言われています。

 

 

多くの先輩看護師たちはここを乗り越えてきました。
転職を決意するほど大きな負担があった看護師の場合、
転職先で気を付けたいことというのは幾つかあります。

 

その一つは、看護知識や看護技術というのは
職場が違うからとって大きな違いがある。
という訳ではありません。

 

分からないことは積極的に聞くことが大切ですよね。

 

 

 

病院は職場によって一日の流れが違う可能性があります。
日勤と夜勤の勤務時間、
2交代制か3交代制か。

 

朝のカンファレンスと夕方のカンファレンスの進め方、
看護記録の記載方法。看護知識や技術に違いがなくても、
細かな部分というのは、病院の中でも病棟ごとに違うがある可能性もあるんです。

 

 

転職をした場合、まずはこの職場での仕事の流れを覚えることが大切です。
覚えるためにはまず職場の同僚と積極的にコミュニケーションを計り、
先輩看護師たちからしっかりと話を聞くことが大切になりますよね。