忙しく孤独を感じることも多いようですよ

不慣れな人と慣れている人では、
同じ仕事をしたとしても、
忙しさというのは全く違う。

 

と感じると思います。

 

新人看護師としてまだ仕事自体が不慣れな状態と、
先輩看護師として仕事にある程度慣れた状態とでは、
やはり仕事に感じる忙しさというのは異なりますよね。

 

 

先輩看護師は自分よりも多くの仕事をしているのに、
それでも平然としてこなしていると感じられますが、
新人看護師は自分にまかされた仕事だけでも目も回るほどの忙しさと感じます。

 

いっぱいいっぱいの状態でも、
患者さんやその家族の方から見れば、
看護のスペシャリストである看護師として見られますので、
これはプレッシャーとなりますよね。

 

 

 

目が回るくらい忙しい仕事を終えて自宅に帰宅すれば、
次の勤務に備えて身体を休める必要があります。

 

スマホで遊んだり、パソコンで遊んだりする暇もなく、
気が付けばLINEは未読だらけ、
SNSのチェックすらできない。

 

という人も多いのではないでしょうか?

 

 

その結果、友人からは「最近付き合い悪よね」
「連絡がないよね」と言われてしまい、
なんとなく孤立していると感じてしまう事があります。

 

昔以上にSNSなどのつながりが強くなってきた時代です。
このような孤立感、孤独感を感じている看護師は、
想像しているよりも多いようですよ。