別の視線を持つことも大切です

新人看護師が転職をしたい。
と考える理由の多くは、
人間関係の悪化。と言われています。

 

特に上司と信頼関係を築くことが出来ず、
悩んでいるという人が多いんです。

 

 

役職としての上司だけではなく新人看護師にとっては、
同じ病棟で働くすべての看護師が上司。
というような環境になります。

 

1〜3ヶ月くらいはまだ先輩たちも優しく、
親身になってお世話をしてくれる状態ですが、
徐々に仕事に慣れてきたら自立させていくための指導に変わっていきます。

 

 

新人看護師からすると、
まさに豹変するかのように態度が変わると感じる瞬間が出てきます。

その結果、今まではいい人だったのに。
もしかして私って嫌われたの?
と感じるようになることが多いんです。

 

 

 

新人教育を行っている看護師から見ると、
少し高いハードルを用意し、
それを乗り越えさせることで成長してもらいたい。

 

と新人看護師には仕事を振っていきます。

 

ですが、新人看護師がそれを理解することが出来るのは、
おそらくその看護師自体が新人教育に携わるようになってからでしょう。

 

 

先輩たちはさりげなくフォローをしていたり、
実はもっと別の大変な仕事をこなしていたりするんです。

 

「あの先輩は難しいことばっかり言うからキライ」
と思わず
「私よりも大変な仕事をこなしていてすごい」
と考えてみてはどうでしょうか?

 

嫌な事というのは目に留まりやすく、
良い事というのは目に留まり難いので、
分かり難いですが、このように別の目線で見てみることも、とても大切ですよね。